読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもちゃれんじを発達障害児におすすめする理由・口コミ

わが子に障害があるから、あきらめてませんか? 軽度発達障害、アスペルガー、自閉症、LD、ADHD、言葉の遅れ、多動、どんな子でも成長します。早期の教育がとても大切です。

みんないい子!どんな子どもも成長します。

しまじろうのおとうさん

こんにちは。
ご覧いただきありがとうございます。

もしかして、見に来てくださった方は、"うちの子「発達の遅れ」とか「言葉の遅れ」とか「落ち着きがない」かも・・・?” と、少し子どもさんのことが心配になって、いろいろ調べておらえるママやパパさんかも知れませんね。

目が合わせられない悩みだったり、不注意の範囲を超えて多動すぎ手におえないなぁとか、お友達にけがをさせてしまったりとか。ふとしたことで、癇癪を起こして、コミュニケーションが難しいとか。いろんな悩みを抱えておられるかもしれません。または、個性だと思っているのに、検診で保健師さんに個別に声を掛けられて、心配になってしまったりとか。


私は思春期の子どもを持つ母です。12年前、同じような悩みを持っていました。わが子はかなり症状が重く、2歳で指差しも、言葉もなく、発達の遅れがあると告げられていました。その後はっきりと「自閉症」という障害の診断がつきました。知的な障害もありますから、軽度ではありません。

 

仕事をして園に預けていたので比較的早く先生が気が付いてくださったのですが、当時の私は、コミュニケーションの取れないわが子の育児に疲れ切っていました。


人と遊ぶ、言葉を交わす、ということができなかったのです。
 こんな辛い日々があったでしょうか。あの日を思い出すと、涙が出ます。まともに運動会や発表会に参加できなかった日々。療育も時間数が少なく、じゅうぶんに受けさせてやれなかった後悔。

でも、こどもちゃれんじの存在を知って、しまじろうにとっても助けてもらいました。子どもはこんなに成長しました!


・いつも、目を離すと走って母親から離れて見失いそうだった。
 ⇒ 親から離れず、周囲にあるもので工夫して遊べるようになった

・椅子に着席せず、加配なしでは難しかった。
 ⇒ みんなと一緒に座って先生の話を聞き、一緒に行動できるようになった。

・映像・テレビばかりに見たがった。
⇒ 教材の絵本を指差して、笑ったり言葉を発するようになった!

・物やおもちゃばかり触って、人に関わらなかった。
⇒ ぬいぐるみでごっこ遊びしたり、子どもたちと遊ぶようになった!

・言葉で会話ができなかった。 
⇒ 挨拶したり、簡単な会話がきるようになった!

・ひとりで用を足すことができなかった。
⇒ トイレで自分で便座に座って、用が足せるように!

・知的な遅れが顕著だった
⇒ 絵本の文字や数を理解して楽しむことができるようになった。


幼少時は、 まず、おもちゃを買って欲しい、というのがありませんでした。欲求を言葉で出せなかったのです。

プレゼントにおもちゃをいただいたり、私が選んでも、待ちがった、不適切な遊び方をしました。例えば、
車のタイヤをいつまでも回したり、レゴは組み立てずに長く並べたり、あちこちにポイっと投げたり。プレゼントをくださった方に申し訳なかったです。

こどもちゃれんじは、ぷちから、入会しました。教材は、子どもが興味を示して、発達につながるように作られていました。こどもちゃれんじ受講が映像と絵本と教材を見て、ぐんぐん吸収していったように思います。

あれから干支を一周し、知的な遅れも顕著だった子が、来年、高校を受験します。高校に合格しました!
彼が高校を受験できるほどに成長するとは思っていませんでした。吹奏楽部に所属し、今夏は、すました顔をしてコンクールに出場しました。

ここまで成長したのも、早期に、こどもちゃれんじはじめたことで、親子で心を通わせ、向き合うことができたことが大きかったと思います。しまじろうに深く感謝したいです。

入会の前に、たいけん教材をやってみることもできます。お子さんによっても合う合わないがあると思いますので、お試ししてからこどもちゃれんじの入会をするのもありかも知れませんね。

 

 ベネッセ こどもちゃれんじ 資料請求